読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がAppleを嫌いな理由 I hate Apple!

今の時代Appleは世界のコンピュータ、ITの先端を行く企業です。
いくつもの魅力的な製品をリリースしており、数多くのファンを獲得してきました。
しかし、私はAppleが嫌いです。今回はその理由をつらつら書いていこうと思います。



 

独占的な商売

Appleはどうも1社ですべてを賄うのを良しとしているようで、パソコン本体から周辺機器までユーザーを囲い込んでいます。
囲い込むというのは言いすぎかもしれませんが、実際MacAppleで販売されAppleが対応周辺機器を作りAppleがOS、ソフトウェアをつく る。一度ブランドイメージが出来上がったらあとはもうお手の物。しかも最近は少し許容範囲を広げてALLAppleを実現しそうな動きがあります。
このままだとApple1社にユーザーが生かされも殺されもするというおかしな状況になりかねません。というか、なりかけています。ソフトウェアは割と互 換性を削っていますので、ない話ではないと思います。こういうかなり独占的な(少なくとも自分はそう思う)商売はどうも好きになれません。

 

周りの人たち

Appleは宗教のようになっています。つまり"信者"がいます。その信者がどうにも面倒くさいのです。

これはあまりAppleと関係ないかもれませんが、親が親なら子も子です。

 

自由じゃない

徹底した秘密主義は大っ嫌いです。

 

Apple製品は好きだけどAppleは嫌い

実際MacbookAir等は割と好きです。でもAppleの体質的なものが嫌いなのです。つまりはそういうことなのです。

 
 

以上のことをまとめると

 
 

"宗教的な理由"となります。

 

 

 

今回もありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。